お問い合わせ

南房総鴨川の和風旅館「緑水亭」の新着情報や季節のイベントなどをお知らせします。

我宿のおくれ松魚も月夜哉

南房総旬の味、スマガツオが水揚げされました。
晩秋から冬にかけて最も美味しいスマガツオ。このスマガツオは小さな群れや単独で行動するため水揚げ量が非常に少なく、しかも水揚げされたものはその土地で消費されることが多いため、水揚げされたその土地に行かなくては食べられない地の味「極みの地魚」であります。築地市場でも見かけないほど水揚げ量の少ない魚です。たっぷりと脂が乗った鮮やかな赤身は口の中でやんわりととろけ口いっぱいに旨みが広がり、これでもかという強烈な旨みは食べた者の心を奪います。実際に食べた人達は口を揃えてカツオの中で一番美味いというほどの極上の一品で、この美味しさを忘れられずスマガツオを求め旅をする人もいるほどです。ぜひ南房総にお越しになられた際はこのスマガツオ探してみて下さい。きっと幸せな気持ちになれるはずです。

スマ(須萬、縞鰹、学名:Euthynnus affinis)
硬骨魚網スズキ目サバ亜目サバ科スマ属。生息域は日本の本州中部以南からインド太平洋の熱帯・亜熱帯域に広く分布。全長は成魚で1mほどになり体重は10kg。体型は紡錘形(円柱状でまん中が太く、両端がしだいに細くなる形。)をし腹部側にはカツオと異なり縞模様がなく、背中後半部に斜めの黒い帯模様が多数走る。成体では胸鰭の下部に数個の黒い点があるのが特徴で、鱗は目の後部、胸鰭周辺、側線周辺にのみにある。生息環境は沿岸域の主に表層を単独若しくは小さな群れで行動し、食性は小型魚類や甲殻類、頭足類などを捕食する動物食性。地方名では、ワタナベ(千葉)・ヤイト(西日本)・エーシ(神奈川)・スマガツオ(東京)・ホクロ(三重)・オボソ(愛媛)・ヤイトバラ(近畿)などの名で呼ばれている。

by 旬彩の宿緑水亭 | 2010-12-02 22:01 | ♦旬の魚介類
TrackBack : https://ryokusuitei.jp/blog/shun/3072.html/trackback

カテゴリー

以前の記事

検 索

2019年9月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

RSS FEEDRSS2.0 Feed »  AtomFeed»