お問い合わせ

南房総鴨川の和風旅館「緑水亭」の新着情報や季節のイベントなどをお知らせします。

カテゴリー【季節(春)】

梅の開花に気が付けば立春。

季節の分かれ目を示す節分を過ぎ、早いもので立春を迎えた今日この頃。

暦の上では春。
先人たちが創りあげたその暦の正しさを示すかのように、当館玄関脇に植えられた梅の木も
日毎に一輪また一輪と、その白く艶やかな花を幾つも咲かせ、我々従業員はじめ
当館を訪れる方々の目を愉しませてくれております。

玄関脇で開く梅の花

朝に晩にまだまだ冷え込む日が続いておりますが、日中の陽射しはぽかぽかと
春の暖かさを含み、ここ南房総もいよいよ色とりどりの花々が咲き誇る
季節となってまいりました。

早春の房総にいらして、のんびりと花摘みでも如何でしょうか。

by 旬彩の宿緑水亭 | 2016-02-04 19:57 | ♦季節(春)
TrackBack : https://ryokusuitei.jp/blog/season_spring/4644.html/trackback

春の房総・菜な畑ロード2016開催中!

【一足早い春の想い出を房総・鴨川で!】

先週、東京で積雪を観測した他、全国各地で雪に関するニュースが取り上げられており、
ここ房総でもまだまだ冷たい風が吹いておりますが、
春の到来をいち早く告げる菜の花が、
今を盛りと精一杯咲き誇っております。

2016年 菜な畑ロード

眼前に広がる光景はさながら黄色い絨毯のよう。

一足早い春の想い出の1ページを早春の房総・菜の花摘みで刻まれては如何でしょうか?

【開催期間】1月9日より3月13日まで
【時間】午前9時30分~午後15時

ただいま当館に御宿泊いただいた皆様に、「無料花摘み券」をプレゼント中!

・花摘み券をお持ちになり”菜な畑”にお越し頂きますと、
お1人様10本分無料で菜の花摘みが体験できます。
※尚、雨天等天候状態によりましては中止となる場合もございますので、
お出かけ前にご確認ください。(現地にて係員がハサミをご用意致します)

【場所】
■お車の場合
 国道128号線と県道24号線の交差点を鴨川有料道路方面へ。
 その後、最初の信号(鴨川警察署前交差点)を右折、道なりに進む。
 (カーナビにセットする場合、鴨川市役所の番号をお勧めします。04-7092-1111)
■JRの場合
 JR外房線・安房鴨川駅下車、徒歩15~20分。

TrackBack : https://ryokusuitei.jp/blog/kankou/4625.html/trackback

春の夜は桜に明けてしまひけり

見上げる空いっぱいに美しい姿で咲き乱れる、内浦山県民の森の染井吉野です。
毎年訪れる人々を楽しませてくれているとっても美しい桜たち。こちらの桜は内浦山県民の森の入口で咲いている標準木です。今年はこの桜だけが3月31日に咲き始め現在満開となっておりますが、この他の桜は5分咲き程度にとどまっています。これから数日後にはそこらじゅうで満開の桜が楽しめそうです。

TrackBack : https://ryokusuitei.jp/blog/season_spring/4217.html/trackback

梅が香にのつと日の出る山路哉

清楚で可憐な梅の花が、玄関のすぐ側で白く輝きを放ち、春の訪れを告げています。
今年は連日続く寒さの影響で、各地で梅の花の開花が例年よりも遅くれ、これから見頃を迎えるところも少なくないようです。季節の移ろいを色濃く映し出す花々は、本格的な春の訪れとともに、そこらじゅうに春を届けてくれます。ぽっかぽかの春が待ち遠しいです。

by 旬彩の宿緑水亭 | 2012-03-16 20:15 | ♦季節(春)
TrackBack : https://ryokusuitei.jp/blog/season_spring/4157.html/trackback

初しぐれ猿も小蓑をほしげ也


暖かい日差しに誘われ、内浦山で共に暮らす猿たちが、食べ物を探しに山里まで下りてきました。
緑水亭の直ぐ裏手の山の麓で、小さな子猿を連れた十数頭の猿の群れが、採ってきたばかりのみかんを口いっぱいに押し込んでは、美味しそうに食べていました。
猿の生息地は、この内浦山に生息する猿たちを始め自然豊かな環境でなくては生きて行けず、猿が生息しているということは、そこにいかに豊かな自然が残っているかという証にもなります。
いつまでも猿たちが生息できる豊かな自然を守り、内浦山で共に生活して行きたいものです。

天然記念物「高宕山のサル生息地
富津市、君津市及び房総郡には野生のニホンザルが生息し、高宕山を中心とする約11平方キロメートルの標高300メートル前後の波状山地は、県教育委員会と京都大学霊長類研究グループの調査で約7群の生息が確認され、昭和31年(1956年)12月、国指定の天然記念物とされる。また、猿の群生観察の場としても学術上貴重な生息地として知られている。

by 旬彩の宿緑水亭 | 2012-02-24 19:49 | ♦季節(春)
TrackBack : https://ryokusuitei.jp/blog/season_spring/4082.html/trackback

風に乗つて軽くのし行く燕かな

今年もツバメの雛が元気よく鳴いています。  
毎年緑水亭には海を越えたくさんのツバメたちがやってきます。このツバメたちは遠い地からやってきた疲れも見せず、せっせと巣を作り、そして新たな生命を育みやがて旅立ちます。緑水亭の周りを元気に飛ぶツバメたちの姿を見ていると、相変わらぬ風景に心和み癒されます。

by 旬彩の宿緑水亭 | 2011-06-01 22:23 | ♦季節(春)
TrackBack : https://ryokusuitei.jp/blog/season_spring/3618.html/trackback

きても見よ甚べが羽折花ごろも






内浦山県民の森の桜も満開です。(当館より車で5分)
国道128号線を小湊へと向かい、爽やかな潮風を感じながら、房総の海へと迫り出す山々を眺めてみる。その山々は光り輝く新緑をまといとても清々しく、その清涼たる姿は壮大であり人々の心を誘う。光や雲の影で山肌には濃淡があり、その山腹にはぽつんぽつんと一際美しく咲き誇る桜たちがいる。この野山に咲く桜たちはけして人が植えた桜のように形作られてはいないが、その咲き誇る姿は一本でも十分なほどに、見る者の心を惹きつける。この季節でしか見ることできない山の顔。この内浦の里山でも、内浦山へ来る人々を迎え喜んでいるかのように、美しい桜たちが妖艶な姿で手を振り微笑んでくれる。美しい日本の四季は人々の心を癒し笑顔にしてくれる素晴らしき財産です。

TrackBack : https://ryokusuitei.jp/blog/season_spring/3477.html/trackback

眼をふさぐ道もわすれて山さくら


房総でも、あちらこちらで桜が咲き乱れ、訪れる人々を楽しませております。
今回ご紹介させて頂きます桜は、君津市にあります「三島湖」と、鴨川市にある「一戦場公園」です。

三島湖(上)
開花状況 : 桜はここ数日でいっせいに咲き始め、先に咲き始めた桜はすでに満開です。
この三島湖は桜以外にも釣りが楽しめるダム湖としても有名で、ヘラブナ、わかさぎ、ブラックバスなどが、2,600ヘクタールの耕地を潤す貯水量521万トンのダム湖の中で生息し、中でもヘラブナ釣りは大会が開催されているほど有名です。この三島湖を含む3,200ヘクタールの地区は、日本でも有数の広さを誇る森と湖の「清和県民の森」として親しまれ、三島湖も春は新緑、秋は紅葉と、遊歩道を歩けば身体中で自然を体感することのできる癒しスポットとして知られております。

一戦場公園(下)
開花状況 : 桜は現在7分咲きです。
一戦場、この意味ありげな名はこの場所で起こった逸話に由来し、かの有名な源頼朝が安房に逃れて来た際、この一戦場で地元の豪族と一戦交えたことからこの名が付けられました。この一戦場公園には、テニスコートや体育館、スパースライダーなどのレジャー施設もあり、スポーツ広場としても親しまれ、一戦場に隣接し、太平洋と鴨川の街並みが一望できる「魚見塚展望台」もあります。展望台の目印は頂上のシンボル女神像「暁風」です。ちなみに、この展望台は「誓いの丘」とも呼ばれ、この丘で恋人たちは永遠の誓いのため、展望台の柵へ誓いの鍵(南京錠)をかけていきます。展望台はこの誓いの鍵でいっぱいです。また、この誓いの心を確認するため、再びこの丘を訪れる恋人たちもたくさんいます。

by 旬彩の宿緑水亭 | 2011-04-09 19:05 | ♦季節(春)
TrackBack : https://ryokusuitei.jp/blog/season_spring/3428.html/trackback

麗かにふるさと人と打ちまじり 

麗らかな日和を浴び桜が咲き始める頃、南房総の春をたっぷりと感じることのできる献立ができました。
先日東京でも桜の開花が確認され、もうすぐここ南房総にもお花見が楽しめる季節がやってまいります。南房総に植えられたたくさんの桜たちは、妖艶で可憐な美しさを枝いっぱいに咲き匂わせ、南房総へお越しになる人々を色鮮やかな色彩で包み込んでくれます。桜の美しさに心癒され、春薫る南房総の恵に微笑み、長閑な風景広がる安らぎの南房総で、素敵なひとときをお過ごし下さいませ。皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。

by 旬彩の宿緑水亭 | 2011-03-30 10:39 | ♦お料理-季節(春)
TrackBack : https://ryokusuitei.jp/blog/dish/3387.html/trackback

傍らに人無き如く梅にあり


当館の玄関に植えられている梅の木も、春の訪れとともに純白な花が咲き、花言葉の「艶やか」そのままに、美しく華やかな姿を見せてくれています。南房総はすでに日中16度以上になる日があるほどぽかぽかとした暖かな日和が続き、南房総一帯ではあちらこちらで色とりどりの花々が咲き乱れ、春の香りを胸いっぱいに感じることができます。
眠気誘われる暖かな南房総で、のんびりと花摘みでもどうでしょうか。

by 旬彩の宿緑水亭 | 2011-02-18 21:35 | ♦季節(春)
TrackBack : https://ryokusuitei.jp/blog/season_spring/3331.html/trackback

カテゴリー

以前の記事

検 索

2017年6月
« 12月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

RSS FEEDRSS2.0 Feed »  AtomFeed»