お問い合わせ

南房総鴨川の和風旅館「緑水亭」の新着情報や季節のイベントなどをお知らせします。

春たちてまだ九日の野山かな

南房総の極上の味アカヤガラです。
この奇妙な形、アカヤガラはこんな見た目をしていますが、身は綺麗な白身で脂の乗りがほど良く上品で、淡白な中に甘さと旨味がありとっても美味しい魚です。アカヤガラはもともと水揚げ量が少なく、高値で取引されている魚ですが、食べられる部分はご覧の通りさらに少なくなるため、高級食材として扱われています。このアカヤガラを美味しく食べるには椀種や塩焼が最適ですが、鮮度の良いものでしたら何といってもお刺身です。アカヤガラが持つ極上の味わいは何ともいえない独特の味わいがあり、魚好きなら誰もがうなるほど絶品です。南房総の漁師町で味わえる冬の味覚、アカヤガラぜひ召し上がり下さい。

アカヤガラ(赤矢柄、学名:Fistularia petimba Lacepede)
硬骨魚類条鰭亜綱新鰭区新骨亜区正新骨下区側棘鰭上目スメグマモルフ系トゲウオ亜系トゲウオ目ヨウジウオ亜目ヤガラ科ヤガラ属。本州中部以南、太平洋、インド洋西部の熱帯から温帯のやや沖合いの深場の岩礁域、砂底域に分布。特徴は細長く縦扁した体と、著しく長い筒状の吻、尾鰭の中央軟条は長く伸び、尾柄部の側線鱗に鋭い後向棘がある。体長は2m前後になり体色は赤褐色。食性は動物食性であり、甲殻類や小型魚類などを吸い込んで食べる。産卵期は冬。

by 旬彩の宿緑水亭 | 2010-02-05 19:55 | ♦旬の魚介類
TrackBack : https://ryokusuitei.jp/blog/shun/1611.html/trackback

カテゴリー

以前の記事

検 索

2019年6月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

RSS FEEDRSS2.0 Feed »  AtomFeed»