お問い合わせ

南房総鴨川の和風旅館「緑水亭」の新着情報や季節のイベントなどをお知らせします。

紫陽花の花に日を経る湯治かな

南房総市にある紫陽花寺で有名な日運寺です。

日運寺は、むかし勝栄坊と称する真言宗の小堂でした。文永元年(1264年)9月頃に日蓮聖人が鎌倉から小湊に帰る途中、この堂に止宿し当時の堂主の行然法印は日蓮聖人の人得と高説に敬服し日蓮宗に改宗した寺です。この時、この土地の井戸水が飲料水に適さず異常干ばつによる村人の困窮を聞き日蓮聖人が自ら御祈願され御杖をこの地に立てられると不思議にも清水がコンコンと湧き出たと伝えられる井戸があります。お寺は、あじさい寺として知られあじさい(約20,000本)が日運寺の入り口から植え込んであります。

by 旬彩の宿緑水亭 | 2010-07-03 19:06 | ♦観光・レジャースポット
TrackBack : https://ryokusuitei.jp/blog/sightsee/2553.html/trackback

カテゴリー

以前の記事

検 索

2019年10月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

RSS FEEDRSS2.0 Feed »  AtomFeed»